唾石症 全快までの道のり その②

唾石症 全快までの道のり その①
唾石症に悩んでいる方へ
よろしければ 参考になさって下さいね! 

唾石症は 長い期間を経て至る病気だそうです。
1日や2日でなる病気ではなく何年?何十年もかけてなる病気だそうです。

以前から 手をよく喉にあてる癖があったようで
自分では気づきませんでした。 
唾石症とわかってから指摘されました。
石がある事を潜在的に知っていて
お手当てしていたのかも・・・と思ったり・・・

舌の付け根が何故か痛む、顔のむくみが気になる等
少しづつ時間をかけ  ついに症状がピークを迎えました。 

ある日 ふと 喉に手を当てたら
びっくりする程 貼れていて 凄く痛くなりました。
同じく舌の付け根が痛くて 痛くて・・・
この腫れ方はちょっとおかしい・・・
と思いながら 病院へ行くのも嫌だし・・・と思っていました。

調度 その頃に健康診断があったので
血液検査で甲状腺も調べられるそうだったので
お願いしました。

結果を待ってから  口腔外科 → 歯科 → 咽頭科 と病院を転々とし 
最後に行った咽頭科先生に勧められて
後日レトゲンとCTをとってもらい
「唾石症」と診断されました。 

「この白い影が 唾液管に詰っています。 石です。」     

「は? 石って・・・尿道結石とか腎臓とかに石がたまるってきいたことあるけど
 そんなところに石なんて できるんですか?」

牧原則之氏に若干似ている先生に色々と質問をしました。 

唾石症は 食事等で唾液が出る時に
唾液管を石が塞いでしまって腫れるんです。
痛いし、腫れるし、ご飯が食べ辛いです。
食後1時間程すると
何もなかったかの様に腫れが引くんです。 

「今のところ 手術で石を摘出するしか方法がありません。
 ただ副作用が出る事があります。 顔面神経が集中している場所なので・・・」 

「えっ!? そうなんですか・・・!? 放っておいては駄目なんですか?」 

「唾液管が破裂すると危ないんです。 様子を見ながら考えましょう。」 

との事でした。。。
はぁ!? 手術?だとか 顔面神経だとか 副作用とか。。。色々言われたので
その日はさすがに凹みましたよぉ~。 

2012年 寒い冬の12月頃の出来事でした。

つづき

コメント

゜゜(´O`)°゜

ああ~!!
どんなにへこんだことかぁ…(T.T)

Re: ゜゜(´O`)°゜

yume* さま

こんにちは♪
タイフーン 通り過ぎましたね。

はいな 凹みましたよ。
びっくりしましたわ。
年末どころじゃありませんでしたわ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)